まず株を始める際に、初心者が一番最初に行うことは証券会社の口座開設になります。そして銘柄を選び、売買を行ったりと一つ一つの作業をこなしていくわけになりますが、まずは最も基本的な証券会社の口座選びからスタートしていきましょう。

パソコンとお金
  • ホーム
  • 株を始めるにはいくら必要?少額の資金でもできる?

株を始めるにはいくら必要?少額の資金でもできる?

グラプ

株に投資をすること自体がお金持ちのやること、というイメージがあり、ある程度の元手が必要と思いがちですが、必ずしもそうではありません。
上場企業は数千社あり、私たちは証券口座を作れば簡単にそれらの企業の株を買うことができます。

ただし多くの銘柄は100株ないしは1000株を最低取引単位としており、殆どの銘柄で1単位を購入するのに10万円以上の資金が必要になります。
しかし銘柄の中には数万円、あるいは最低取引単位が1株からに設定されていることで数千円で購入できるものがあります。
これらの銘柄に投資をすれば数万円の資金で複数の銘柄の株式を保有することができます。

例え数千円や1万円ほどで購入しても、株価は同じように動きますし、トレードを行う上で気を遣う点や儲けを出すための仕組みは他の銘柄と同じです。
強いて特徴を挙げるとすれば、非常に小さな金額で売買できることから、株価の細かな変化で利益を積み上げていく投資スタイルを行いやすいことがあります。
1単位に何十万円、あるいは100万円単位のお金がかかると、少し上がったからと言って簡単に売ってしまっても良いのかと言う考えになるものです。

また、株式投資の経験が少ない初心者の方が取り組みやすい銘柄でもあります。
ある程度相場の動きや仕組みを研究した上で資金を投入する方が殆どですが、長い歴史をローソク足で見るのとは違う感覚が相場にはあります。
チャートの形では株価が上がるパターンではないものの、経済情勢から今がチャンスと思うことも少なくありません。
少ない金額で投資をすることを覚えて行けば、例え失敗をしても少額の損失で済みますし、経験値を増やして値嵩株への投資に挑戦するのも良いでしょう。

数万円程度であれば、ボーナスとまでいかなくても、ちょっとした支出を抑えるだけで準備ができるものです。
投資を始めると経済情勢に詳しくもなりますし、仕事にも良い影響をもたらすかも知れません。

数千円からでも可能だが利益も少ない

前述したように数千円からの投資資金しかなくても、上場企業の株式を取得することは可能です。
しかし、株式投資で得られる利益は投資した金額が大きければ大きいほど大きくなるため、投資額が少ない場合は獲得できる利益もそれに比例して少なくなることを理解しておきましょう。
例えば、1万円の株価の株式を100株購入し1万2千円で売却した場合の利益は20万円ですが、同じ銘柄の株式を1万株購入した場合の利益は2千万円です。
数十億円から数百億円を運用しているファンドは、わずか株価が0.1パーセント上がっただけでも、数千万円から数億円の利益を稼ぐことができます。

売却益だけでなく、株主への配当についても同じことが言えます。保有する株式の数量に比例して、配当金の金額も増えるためです。
したがって、初心者のうちはリスクを最小化するために取引額を少なくするのは有効です。
経験を積むに従って少しずつ投資する金額を増やしていくことにより、トレードによる収益を増やしていくのが理想的と言えるでしょう。

そのためには、株式投資で獲得した利益を浪費してしまわないことが大切です。
トレードで儲けるとすぐにショッピングや旅行などで稼いだお金を使ってしまう投資家も珍しくありません。
しかし、それでは投資に回すことができる資金がいつまでも増えないことになります。
キャピタルゲインを消費に回すのではなく、再投資に回すことによって初めて、運用できる資金を少しずつ増やすことができます。

株取引で利益が出ると、すぐに欲しかった物を買ったり、豪遊したくなったりするのは当然ですが、その気持を我慢して投資資金に振り向けることにより、株取引の運用額を増やすことができることを忘れないようにしましょう。